FLEECEフリース壁紙の貼り方

フリース壁紙は、壁にのりを塗って貼ります。

用意するもの
フリース壁紙施工専用糊、ローラー又は刷毛、撫でブラシ、カッター、地ベラ、ジョイントローラー、バケツ、きれいな水、スポンジまたはきれいな布、スケール、はさみ
壁紙のサイズカット

1. 壁紙のサイズカット

壁の高さを測り壁紙をカットします    壁の高さを測り、高さ+10cmで壁紙をはさみ等でカットします。    (例 高さ240cm+余白10cm=250cm)

糊を壁に塗ります

2. 糊を壁に塗ります

フリース壁紙施工専用糊をローラーや刷毛を使って壁に塗ります。    右利きの人は壁の左端から施工を始める事をお勧めします。    塗る幅は60cm程度、壁の上から下まで、塗り残しがないように塗って下さい。    廻り縁、巾木、壁の入り隅に塗り残しがないように注意して下さい。    糊は多めに塗って下さい。貼り直しや位置の調整がしやすくなります。

壁紙を貼ります

3. 壁紙を貼ります

1でカットした壁紙を2で糊を塗った壁に貼ります。    上部は廻り縁から5cm程度はみ出すように貼ります。    壁の左端に隙間が出ないように注意して下さい。    糊が乾くまで貼り直しや微調整が出来ますので慌てずじっくりと貼って下さい。    貼れたら撫でブラシで空気を抜きます。    壁紙の中心から上下左右に撫でブラシを動かして空気を抜きます。

上下の余白をカットします

4.上下の余白をカットします

地ベラを使って廻り縁と壁の境目に壁紙を強く押しつけます。    折り癖が付いたら地ベラをガイドにして余分な壁紙をカットします。    カットは左から右へ、地ベラの上にカッターの刃を当ててカットします。    急ぐと壁紙が破れますので慌てずじっくりとカットして下さい。    カットが終わったら水を含ませたスポンジ等ではみ出した糊を拭き取ります。    下部の巾木も同様にカットして糊を拭き取って下さい。    これで一枚目終了です。

2枚目をカットします

5.2枚目をカットします

1と同様にカットします。    柄物の壁紙の場合、長さだけ測ってカットしたものを貼ると柄にズレができてしまいますので    貼ったときに一枚目と柄が合うようにカットします。    無地柄の壁紙の場合は柄あわせ不要です。

2枚目を貼ります

6.2枚目を貼ります

1枚目と同様に糊を壁に塗って2枚目を貼ります。    1枚目と柄を合わせて、1枚目と隙間ができないようにピッタリと貼って下さい。    ジョイントローラーで壁紙のつなぎ目を良く圧着してください。    貼れたら1枚目と同様に余分をカットし、空気を抜き、はみ出した糊を拭いて2枚目終了です。

3枚目以降から終了までを貼ります

7.3枚目以降から終了までを貼ります

2枚目同様に柄と隙間に注意して貼り進めていきます。    最後に右端の余分をカットして終了です。

注意

  • カッターの刃は思ってる以上に切れ味が悪くなりますので、頻繁に刃を折ってカットして下さい。
  • 切れ味の悪い刃でカットすると破れの原因になります。
  • 糊を拭くスポンジ等はきれいな水で頻繁に洗って下さい。
  • 汚れたスポンジ等を使うと汚れが壁紙に付きます。
  • ジョイントローラーも汚れたらスポンジ等で汚れを拭き取って下さい。
  • 既存の壁紙にカッターを使うことができない場合は正確に寸法を測ってカットした壁紙を貼って下さい。

フリース壁紙の剥がし方

模様替えや引っ越し等で剥がす時は、フリース壁紙をゆっくりと剥がしてください。
   壁に残った糊はスポンジ等で拭き取って下さい。
   裏紙が残った時は霧吹きなどで水を含ますと残らず剥がせます。